長岡グランドホテル宿泊ドックで改善方法を学ぶ

人間ドックは生活習慣病を中心として様々な疾患のスクリーニングを行う上ではとても有効な方法であり、定期的に人間ドックを受けていることによって様々な疾患を早期発見できる可能性が高まります。多くの疾患は早期発見によって治療効果を上げることが可能であり、逆に進行させてしまうと治療が困難になってしまいます。そのため、多くの医療機関では半日から2日程度にわたる人間ドックを頻繁に実施しています。
高血圧や糖尿病はその中でも重要視されるものです。長岡赤十字病院ではこれらを確実に検査するために長岡グランドホテルに宿泊してもらって一泊二日での入院ドックを実施しています。サービスの良い長岡グランドホテルでゆったりと心身を休ませた上で血圧を測定することにより、ストレスや緊張あるいは運動による血圧の変動を取り除くことができます。また、長岡グランドホテルに宿泊することで絶食状態で行う糖負荷試験を効果的に行うことができ、糖尿病の発見を容易にすることができます。
人間ドックを受けた場合には健診食生活改善指導士の資格を持つ人に改善方法を聞くことが大切です。食生活の改善方法を知ることによって大きなリスクを伴うことなく生活できるようになっていくことが可能です。適切な改善方法に従えばノルバスクのような降圧剤を使用した治療に至らずに済むでしょう。
高血圧であることがわかった場合にはノルバスク等の降圧薬を用いて血圧を正常値に保ちながら生活習慣の改善を行っていくというのが基本的なアプローチです。ノルバスクを用いることが多いのは病院の使用経験の多さによることが一般的です。しかし、人間ドックで糖尿病も判明した場合にはノルバスクではなくARBが用いるのが基本となっています。