ノルバスクの服用時気を付ける食事メニューと薬草

ノルバスクの有効成分はアムロジピンというもので、Caチャネルを阻害して、血管平滑筋を弛緩させ、血管を拡張させるCaブロッカーという分類に属する高血圧症治療薬です。ノルバスクなどのCaブロッカーは他の高血圧症治療薬より降圧作用に優れており、高血圧症治療の初期段階から積極的に使用されます。しかしながら問題点もあります。ノルバスクの有効成分アムロジピンは肝臓で代謝酵素のCYP3A4によって代謝されます。CYP3A4は他の多くの薬物の代謝に関与する酵素で、もし代謝酵素の同じ薬と併用すると、それぞれの薬の主作用、副作用を増強してしまう恐れがあります。ですから併用する薬剤には注意する必要があります。CYP3A4で代謝される薬剤としては、スルホニルウレア系血糖降下薬、HMG-CoA還元酵素阻害薬、一部の抗真菌薬、HIV治療薬などが挙げられます。
ノルバスク服用時の食事メニューに関してですが、グレープフルーツを食事メニューに入れるのは控えた方がいいでしょう。グレープフルーツは前述のCYP3A4を不可逆的に阻害するため、ノルバスクの作用を増強してしまい、過度の血圧降下によるめまい、ふらつき、頭痛などを引き起こす恐れがあります。
また薬草との併用に関してですが、セイヨウオトギリソウが含まれる薬草の併用は控えた方がいいでしょう。セイヨウオトギリソウは西洋では昔から抗うつ効果のある薬草として使用されていました。このセイヨウオトギリソウはCYP3A4を誘導してしまうため、ノルバスクの有効成分アムロジピンの代謝を促進してしまい、降圧効果が不十分となってしまう可能性があります。セイヨウオトギリソウはハーブティーにも含まれているので食事メニューにハーブティーを入れるのも控えましょう。